糸くずの海

もはや文章の体をなさず もはや文字の体すらなさず きっと糸くずの価値にも満たない

席を立つと何をするために立ち上がったのか思い出せなくなる

今は昔。あるところに一人の自称ゲーマーがいました。

それは日々面白いことを探し求め ある時、とある集団に出会いました。

彼らは日々面白そうにゲームをしていました。

それは彼らを羨ましく思いました。そしてそれは彼らの仲間に紛れることで自分も楽しくゲームを出来るのではないかと思いました。

しかしその考えは間違っていました。面白いことは求めているだけではいけなかったのです。

そうしてそれは自ら面白いことを探し、作り、広めていくために新しい名を名乗り、未だ触れていなかった世界へ歩み出すことを心に誓ったのです。

 

 

とかいう文章を考えるのに20分ぐらいかかった。文才はゾンビに食われてたようだ。

 

現実が私をボッコボコにしてくれるのでゲームをする時間も記事を書く時間もあまりありま…いやたぶん書こうと思えばできるんだろうけど。

近いうちにThe Lomg Darkの記事を書きたいです。いやほんとサバイバルゲームにゾンビっていなくてもいいやん、っていうか自然怖っ と心から思えるゲーム。

あと景色めっちゃ綺麗で心安らぐ。

f:id:streyndzhlav:20151210000256j:plain

あとなんか宇宙系ゲームが大規模アップデート来たり控えてたりでもう落ち着けません。SEとかE:Dとか。ToMも近々記事にしたい。わざと変な省略をする。

あとはなんだ…FallOut4が発売されましたね、日本語ももう少しで来ますし1/5ぐらいしか理解できなかったストーリーも日本語になって100%楽しめる…はず。変な誤訳で雰囲気ぶち壊しになる予感もするけど。俺…核戦争後の世界で影も残さない究極の隠密プレイするんだ…とか言ってたのにショットガン持って真正面からぶち転がしに行くダメな人が私。あ、そこのガン待ち軍人崩れさんFatManはやめ(*あとは血で汚れていて読めない*)

 

年末になれば暇ができる…そうすればたくさんゲームができてたくさん記事も書ける…

きっとそうだ、そうなんだ!

 

そう言い残して、それは退屈な現実へ帰っていったのでした。

おわり

自動化は男のロマンって、言わなくてもわかるよね?

無骨な機械が黙々と作業を進めていく姿はそれだけでも心が躍る。

そういうものだと思います。

 

つまり今回はロマンを最大限に味わいしゃぶり尽くすFactorioのお話をしましょう。

まあまずこの動画を見て欲しい。


Factorio trailer - YouTube

見たね? じゃあもう言いたいことはわかるだろう。

よし、買おう(肩ポン

現在のところ購入方法は公式より15ユーロ~

開発は2016年1月までにSteamに出したいねって言ってるらしいです。もちろん今買ってもSteamに出た時にKey送るよってことで。

 

さてまあこのゲーム何が面白いかというと

石炭を燃やして→ボイラーで蒸気を作って→タービンエンジンで電力を生み出して→その電力で石炭や鉄、銅、石を掘る→その材料で工場のさらなる拡大→そして宇宙へ

と最初は繋がらない糸が輪になり 輪が大きくなり 広がるまぐろの輪 どんどんと進化してゆくさまを思う存分しゃぶれます。うーんロマン。

 

もちろん何も考えずに適当に施設を置いてると…

f:id:streyndzhlav:20151102120100p:plain

 素敵なスパゲッティラインが出来ます。

大胆かつ美麗な生産ラインを操る工場長への道は長い。

 

もちろんこれガンガン石炭燃やしてーとかして公害をまき散らすと近隣住民バイター(Biter)と呼ばれる生物が抗議活動圧倒的武力に訴えてきます。

具体的に言うと施設の破壊やプレイヤーを転がしに来ます。

工場と自分を守るためには警備隊ターレットや石壁などで防御を固めつつレーダーで活動家バイターの行動を監視抑制しましょう。レーダーの消費電力デカくてタービンエンジンガンガン動いちゃうのおおおおんほおおおおお(はぁと

 

というわけでFactorio どうでしょう。

気がついたら日付が変わってること請け合いです。いやあこわいこわい。

まだSteamに出てないので購入が多少手間ではありますが、お値段的にも買って損はしないと言い切れます 保証はしませんが。

マルチプレイも(若干不安定らしい?)ありますのでお友達にも投げつけてプロ市民バイターを討滅しつつ理想の工場を作ってみてはいかがでしょう。

 

…一応、このゲーム 宇宙船墜落からの脱出って目的があるので 終着点がありますが、そんなの構わず工場拡大させることもできますのでご安心を。

 

 

ところで私、最初の記事はElite:Dangerousにするつもりだったんだけどねえ…

まあ、追って次回 みたいな感じで。

草稿

さすがにああああああはないと思った深夜3時2時半のパソコン前。

糸くずの海ってセンス無いよねって思ったり、ブログID(でいいの? strings..の部分)がパクリだよねって言われたりで心が折れてます。意識したのは事実だけど。

正直な話、先達がそれはもう素晴らしくセンスあふれるゲーム記事書いてるの見てもう見てるだけでいいんじゃねって感じまであるこの流れの中、後をよちよちついていこうと思ったのには理由が      ない。

のでまあ定期更新というわけにはならない。

許して。

 

3行でまとめると

 

なんかすごい人達の群れに紛れ込む形になった

面白そうなことしてる

真似してみようと思った

 

ということでした。

楽しいことを思いっきり楽しみたい。辛いことなんぞ rm -rf * で消し尽くしてしまえ!

 

 

所信表明はわかりにくいギャグにするとブログ放置のフラグになるよって誰かが言ってた。

そのうちゲームの記事とかなんかかくと思います。たぶんね。

おわり